banner

葬儀で重要な喪主と世話役

急な不幸により葬儀を行うとなると、家族の気持ちの整理もつかないまま式を行うことになります。その際、必ず決めなければいけないのか喪主です。遺族の代表として葬儀全般の責任者になる喪主を誰にするのかを決めるのは非常に大切なことです。喪主を決める時は、一般的には、故人と血縁関係が近い人から選ぶものです。子供がまだ小さい場合は故人の配偶者が喪主になりますが、結婚間もない場合には故人の父親又は母親が喪主になる場合もあります。配偶者が喪主を勤めることが困難な場合、子供が成長している故人であれば通常は長男または同居している子供から決めるのが一般的です。核家族化が進んでいても親族から決めるということは変わりません。  

終活をしていた故人では、喪主を指名していることがあります。故人の意思を尊重する場合には指名された人が喪主を務めることになります。この時に他人が喪主になるとトラブルに発展することもあります。葬儀の形式や規模によっては、喪主や遺族に変わって式の進行や段取りを仕切る世話役を決めることがあります。世話役は、親戚や遺族の友人、会社や町内会の人など統率力がある人で信頼できる人にお願いすることが多いです。しかし、最近行われる家族葬では、規模も小さく世話役を決めることをせず葬儀を行うことがあります。  

葬儀の喪主や世話役を決めることで式を進めていきます。葬儀会社に依頼するときも、通常喪主になった人がどの会社に依頼するのかを決定します。なかには遺族で相談をして専門会社を選ぶこともあり、終活をしている故人の希望により依頼する会社が決定していることもあります。そして葬儀の希望やプランについても喪主を中心として決めていきます。家族葬にする時もこの流れで決めることになります。多くの親族がいる葬儀で、これまでとは異なる希望や形式の葬儀をするときは、事前に話しておくことも必要です。この葬儀のプランを決定するときに初めて伝えるときにはトラブルになることがあります。しっかりと話し合いをしておくことでスムーズに式を進められます。

Copyright©2018【初めての葬儀】 All Rights reserved.