banner

葬儀までどこに安置しておくのか悩むご遺体

葬儀がスタートするまでは、ご遺体は静かに安置しておく必要があります。しかし、最近ではどこに安置してよいか悩んでしまう人も多いです。式を行う場所をはっきりと決めておかなければ安置する場所も決定しません。これまで行われていた一般的な葬儀であれば、自宅で式を行なっていました。自宅を安置場所にしておけば、スムーズに準備を進めることができます。しかし、最近ではマイホーム事情によりご遺体を安置する場所を準備できない場合があります。

核家族化により両親と一緒に生活していない場合には、両親を安置する場所が最初から確保されていないことが多いです。施設で生活していればなおさら安置場所を確保していないので、どこに安置すれば良いか悩んでしまいます。また、このような生活環境の場合には自宅で葬儀を行うことがないので、安置場所も葬儀会社に相談をする必要があります。  

自宅で葬儀をしない場合には通常専門会社の施設を利用することになります。最初からこの考えであれば安置場所も専門会社の施設に決定することができます。しかし、最初から決定をしていないと安置場所を決める時間が必要になり、それだけ時間がかかってしまいます。葬儀を行なう前にはいろんな打ち合わせをしなければいけないので、早く決定できる事は、できるだけ事前に決めておく必要があります。ご遺体の安置場所も臨終の時に決定しておけば悩む必要はありません。 

自宅で葬儀を行うのが困難な場合は、専門会社の施設を利用することで安置場所を確保することができます。変更する場合でも専門会社がしっかり段取りを決めてくれます。安置場所が決定したら宗教や信仰による葬儀の形式を確認しておく必要があります。檀家となっているお寺に連絡をして葬儀の日取りを決める必要があります。お寺によっては葬儀が立て込んでいることもあり、早めに連絡をしないと日時の確保が難しい場合があります。同時に火葬の予約をしなければいけないので、日程が決まれば早めに連絡をしておく必要があります。

Copyright©2018【初めての葬儀】 All Rights reserved.