banner

葬儀の連絡をする範囲

葬儀の段取りが決定すれば参列者に連絡をします。親族であれば故人となったときに連絡済みなので、その後の葬儀の日程を伝えることになります。しかし、故人の友人や知人などには、喪主から連絡することになります。ここで気をつけたいのがどこまでの範囲の知人や友人に連絡するかです。終活をしている故人であれば、連絡する友人や知人も決めているのでそれに従って連絡をすれば済みます。しかし、決めていない場合にはどこまでの人たちに連絡をすれば良いか悩んでしまうものです。実際に交流のあることを知っている友人や知人であれば連絡する人たちに該当しますが、盆暮れの挨拶や年賀状だけの付き合いであれば、連絡することを考えてしまうこともあります。

最近頻繁に採用されている葬儀の家族葬では、この友人や知人の連絡は非常に悩むことになります。時にはトラブルに発展することもあるので連絡をしなければ良いと考える喪主もいます。しかし、亡くなったことを後から知らせることでトラブルになる事もあるので、注意が必要です。参列したい友人や知人には、後日お別れができる場所を設けることもできます。このこともしっかりと伝えておかないとトラブルに発展する可能性があります。家族葬の場合には規模の小さい葬儀を行うので、友人や知人の参列を断ることもあります。非常に親しい友人や知人だけが参列することになるので、事前に参列を断ることもしっかりと伝えなければいけません。また、後日お別れができる時間を設けることで参列できなかった人たちに納得してもらうことが必要です。  

友人や知人の参列をしてもらうときには通夜と告別式の日程を連絡しなければいけません。家族葬であっても小規模な葬儀になるため、行う内容は変わらない場合があります。そのため、しっかりと日程を把握しておく必要があります。また、オリジナルの家族葬を行うときには、詳しくどのようなスタイルで行なうのかを説明しておかなければいけません。服装やその他の葬儀の内容もこれまでの一般的な葬儀と異なるからです。

Copyright©2018【初めての葬儀】 All Rights reserved.